• インプラント
    人間は、生まれ持って2000万円の財産を持っていると例えることができます。
  • 口元アップ
    インプラントを検討するような状況は、抜歯をした後の欠損歯が生まれた状況です。

矯正術としての利用

女性

歯科治療の中で、インプラントは欠損歯を補填するための手法以外でも利用されます。
それが、歯列矯正におけるインプラント矯正です。
この方法を取ることによって、かなりしっかりと歯列矯正を進行させることができます。
歯茎にインプラントを埋め込んで、それを支柱とすることによって歯並びを動かしていくことができます。
それによって、通常よりも大きな力を歯列に加えて、しっかりとした矯正をすることができます。
目標値まで1年ぐらいはかかっていたものが、半年ほどの期間で完成したという例もあります。
Read more

構造を知る必要性

歯医者

インプラントを利用する歯科治療を受けるのであれば、その構造についても知っておくほうが良いです。
インプラントとはすなわち、人工的に歯根を埋め込んで生成する歯科治療術です。
チタン製の芯棒である、フィクスチャーと呼ばれるパーツを顎に埋め込みます。
この手術を行うにあたっては、麻酔がなされているため痛みを感じることなく作業を進めてもらうことができます。
顎の骨とチタンが一体化する効果を利用することによって、しっかりとした咀嚼力を手にすることができます。
また、噛む力が伝わらないままでは顎の骨は痩せて貧弱になっていく一方ですが、それを防ぐことも可能です。… Read more

歯根が唯一ある方法

綺麗な歯

抜歯をした後の治療手段としては、インプラントの他にブリッジや部分入れ歯があります。
これらの方法を比較して最も目立つのは、インプラントにはきちんと歯根があって、従来の自分の歯のように利用できる点です。
ブリッジや部分入れ歯では、既存の歯を土台にして歯科治療を行います。
つまり、自立した歯ではなく他のものに頼っている歯を手にするに過ぎません。
その状態は、口内環境としては良くはないです。… Read more